九条改憲阻止の会

38335
九条改憲阻止の会/連帯共同ニュース
名前
件名
メッセージ
画像
メールアドレス
URL
文字色
編集/削除キー (半角英数字のみで4~8文字)
プレビューする (投稿前に、内容をプレビューして確認できます)

【 原子力規制庁 前長官 池田克彦、川内原発の再稼働を許可。審査の適正さが疑われる件 】 - 埼玉 URL

2017/01/20 (Fri) 18:54:53
*.nuro.jp

【 原子力規制庁 前長官 池田克彦、川内原発の再稼働を許可。この審査の適正さが疑われる件 】

原子力規制庁 前長官 池田克彦。

埼玉県警察 本部長 在任時に、埼玉県警察学校長が、前任の校長による業務上横領を報告し、処分を求めた。

しかし、県警上層部と共に、これをことごとく無視。
県警最高幹部による重大な不正を正さない人物。
再稼働審査の適正さが疑われる。

【 埼玉県警察学校 校長 小河進 副校長 岩淵敏雄 が業務上横領 】
http://blog.livedoor.jp/saitamalvdoor/archives/8291218.html

【 本部長 】

2004年4月~2005年8月 埼玉県警察 本部長 警視監 池田克彦
2005年8月~不明 埼玉県警察 本部長 警視監 加地正人

【 警務部長 】

2005年3月~不明 埼玉県警察 警務部長 警視正 牛嶋正人
(就任後、警視長に昇任か?)

【 主席監察官 】
2005年3月~不明 警務部参事官 兼 主席監察官 兼 監察官室長 警視 伊藤茂
(2005年4月1日 警視正 昇任)

【 埼玉県警察学校 校長 】

2002年9月~2004年3月 朝霞警察署 署長 警視 小河進
2004年3月~2005年3月 埼玉県警察学校 校長 警視正 小河進 業務上横領
2005年3月~2006年3月(退職) 交通部長 警視正 小河進

【 埼玉県警察学校 副校長 】

2002年9月~2003年9月 越谷警察署 副署長 警視 岩淵敏雄
2003年9月~2005年3月 埼玉県警察学校 副校長 警視 岩淵敏雄 業務上横領
2005年3月~2006年3月 羽生警察署 署長 警視 岩淵敏雄
( 2006年3月~2007年3月 羽生警察署 署長 警視 鷲平保雄 )
2006年3月~2007年9月 装備課長 警視 岩淵敏雄
2007年9月~2009年10月(退職) 警務部理事官 兼 監察官 兼 第三方面本部副本部長 警視 岩淵敏雄

【 埼玉県警察学校 庶務・厚生担当事務官 】
庶務・厚生担当事務官(警部級)は、内田義昭か? 

~2001年3月 厚生課 事務吏員 内田義昭
2001年3月~2003年3月 鴻巣警察署 会計課長 事務吏員 内田義昭
2003年3月~2005年3月 警察学校 校長補佐 事務吏員 内田義昭
2005年3月~2007年3月 運転免許課 課長補佐 事務吏員 内田義昭
2007年3月~2011年3月 交通機動隊 隊長補佐 内田義昭
2011年3月~2016年3月(退職) 秩父警察署 会計課長 内田義昭


12月6日 さいたま県警の元幹部でさいたま市警察部長(警視正)まで務めた警察OBの田中三郎氏(60歳)が、埼玉県県政記者クラブで記者会見を行って、元埼玉県警察学校長等 を 業務上横領の疑いでさいたま地検に告発したことを明らかにした。
 
記者会見には、「明るい警察を実現する全国ネットワーク」の代表で田中氏の代理人である清水勉弁護士と同ネットワークの会員で「市民の目フォーラム北海道」代表の原田宏二が同席した。
 
埼玉県警察学校の学生と教職員の任意団体「校友会」が、構内の売店業者から売上金の3%を「助成金」名目で上納させていたが、告発状によると田中氏の前任だった平成16年当時の校長(警視正 既に退職)は、庶務・厚生担当事務官(警部級)に「助成金は、当時の副校長(警視)に渡すよう」に指示し、平成16年4月から12月までの間の「助成金」計約125万円を「校友会」の出納帳に記載せず、
当時の校長や副校長ら3人が着服したとしている(告発状はPDF参照 http://www.ombudsman.jp/fswiki/wiki.cgi/akarui?action=PDF&page=%BA%EB%B6%CC%B8%A9%B7%D9%BB%A1%B3%D8%B9%BB%A1%A1%B9%F0%C8%AF%BE%F5 )。

警察学校長に着任して、犯罪を取り締まる警察官のイロハを教えるところである警察学校に不正経理があることを知り愕然とするとともに、警察幹部として求められるルールに従って、警察本部長(警視監~キャリア)、警務部長(警視長~キャリア)等の県警上層部に報告したが、ことごとく無視され、改めて警察の自浄能力の無さと隠蔽体質を知らされる。

 田中氏は、こうした県警上層部の態度は、警察改革に逆行するものであると考えた。

 そして、警察が自浄機能を発揮することが無理ならば、本件事案の真相を明らかにする唯一の手段は司直の手にゆだねる以外にないとの結論に達し、平成20年の定年退職を待たず、職を退いた上で告発をすることにした。

 以下、田中氏の説明や当時の新聞報道からその経緯を追ってみよう。

1 使途不明金を知った経緯について

 警察学校では、平成17年3月22日付けの人事異動で、校長、副校長のほか、新設された庶務・厚生担当調査官(警視級)が新たに配置となり、庶務・厚生担当課長補佐(警部級)も交代となったことから、引継ぎ書類の点検や所掌業務の把握の過程で、使途不明金の存在が判明した。

 また、田中氏と前校長(元警視正、既に退職、被告発人)との事務引継ぎが警察学校校長室で行われた際、校内の売店から「助成金」を受け取っていることを知り、国家公務員倫理法で利害関係者からの金銭等の授受が禁止されていることもあり、田中氏は警察学校内で売店を営む業者から金銭の提供を受けることがあってはならないと判断し、早急に是正することを決意し、即刻、売店業者からの「助成金」の提供を辞退したという。

2 田中氏が講じた措置等

 田中氏の説明によれば、当時、警察学校長として、次のような措置を講じたという。

(1) 校友会の収入金については、前記の使途不明金を除き、いずれも校友会収入として金銭出納帳に記載され、いずれも支出の経緯及び領収書等の証拠書類が保管されていることなどから、単に帳簿記載上の単純ミスではなく、上級幹部がかかわる非違事案に発展する疑いが認められた。

(2) 本件事実を認知した後の平成17年3月下旬に、学校長から非違事案を調査する首席監察官(警視正)に電話速報するとともに、副校長等が同年7月末までに、少なくても4回にわたり、関係書類を本部に持参して事実関係を報告したほか、学校長自らが警察本部長、警務部長ほか関係部課長に口頭報告を行い、事実関係の調査を依頼した。

 しかし、その後においても、本部の対応が不明であったことから、平成17年9月26日、首席監察官に調査状況を確認したところ「上司の指示でそのままにしてある」との回答があったため、このままでは、後々県警の対応について非難を受けるおそれが懸念されたことから、再度、県警として適切な措置をとるように要求した。

 その過程で「これを調査したら北海道警のようになってしまうが、それでもいいのか」と詰め寄られる場面があったという。

  さらに、平成17年10月25日に、8月12日付けで交替した新警察本部長に対して事案の概要を報告したが、その後においても本部の調査の進捗状況は不明のまま推移した。


埼玉県警 不祥事
https://twitter.com/saitamatwitt

川内原発1号機で放射性ヨウ素が上昇!通常時の約1.8倍、運転中に漏えいか? - 脱原発

2017/03/31 (Fri) 18:51:53
*.nuro.jp



1次冷却水のヨウ素上昇 川内原発1号機 2017年03月24日

 九州電力は23日、営業運転中の川内原発1号機(鹿児島県薩摩川内市)で、原子炉容器内を循環する1次冷却水の放射性ヨウ素濃度が平常の値より上昇したと発表した。核燃料を覆う管にごく小さな穴が開き、放射性物質が漏れた可能性があるという。ただ運転する上での制限値6万2千ベクレルを大幅に下回っており、安全性も確保されているとして運転は継続する。原発の作業員や外部への影響はない。

 放射性ヨウ素は、ウラン燃料が核分裂する際に生成されるため、1次冷却水に微量に含まれるが、濃度はほぼ一定に保たれている。九電による21日までの測定値は0・27ベクレル程度だったが、23日午前10時すぎの測定値は0・45ベクレルまで上昇した。

 このため週3回行っていた濃度測定を今後は毎日実施。濃度上昇が続く場合などには、定期検査の時期を前倒しするなどして、燃料棒の点検や交換をする可能性もある。

http://www.saga-s.co.jp/news/saga/10101/416302

川内1号機でヨウ素濃度上昇=九電

九州電力は23日、川内原発1号機(鹿児島県薩摩川内市)で、1次冷却材の水に含まれるヨウ素の濃度が通常より若干上昇したと発表した。運転に支障はなく、監視を強化する。制限値を大きく下回っており、環境に影響はない。
 過去の例から、九電は核燃料棒にごく小さな穴が開いた可能性があるとみている。
 九電によると、ヨウ素濃度は21日まで1立方センチ当たり約0.27ベクレルだった。23日に0.45ベクレルに上昇したが、保安規定の制限値6万2000ベクレルを下回っている。(2017/03/23-18:53)

http://www.jiji.com/jc/article?k=2017032301109&g=eqa


埼玉県警察学校 校長 警視正 小河進 が業務上横領 - 埼玉

2017/03/03 (Fri) 06:35:26
*.nuro.jp

【 埼玉県警察学校 校長 】
2004年3月~2005年3月 埼玉県警察学校 校長 警視正 小河進 業務上横領

【 一般財団法人 埼玉県警察福祉協会 理事 小河進 】
http://keiyu110.org/about/structure/

原発40基、詳細点検せず=配管腐食、再稼働の川内・伊方も-電力各社 - 脱原発

2017/01/28 (Sat) 18:48:58
*.nuro.jp

原発40基、詳細点検せず=配管腐食、再稼働の川内・伊方も-電力各社
http://www.jiji.com/jc/article?k=2017011400162&g=eqa

島根原発2号機で見つかった空調換気配管の腐食と穴=2016年12月21日、松江市(中国電力提供)
http://www.jiji.com/jc/article?g=eqa&k=2017011400162&p=0170114at24&rel=pv

 運転中や運転可能な全国の商用原発42基のうち40基で、重要設備である中央制御室の空調換気配管の詳細な点検が行われていなかったことが14日、原発を保有する電力9社と日本原子力発電への取材で分かった。中国電力島根原発2号機(松江市)の換気配管では腐食による穴が多数見つかっており、事故が起きた場合に機能を維持できない恐れがある。

 中国電は昨年12月、運転開始後初めて島根2号機で配管に巻かれた保温材を外し、腐食や穴を発見。必要な機能を満たしていないと判断し、原子力規制委員会に報告した。

再稼働した九州電力川内原発1、2号機(鹿児島県)や関西電力高浜原発3、4号機(福井県)、四国電力伊方原発3号機(愛媛県)の点検でも保温材を外していない。点検方法は各社の判断に委ねられており、規制委は全国の原発の実態を確認する。
 中央制御室は原発を運転・監視する中枢施設で、運転員が24時間常駐する。通常は配管を通じて外気を取り入れ換気するが、事故発生時には外気を遮断し、機密性を保つ機能が求められる。

 原発を保有する各社によると、島根2号機と北陸電力志賀原発1号機(石川県)を除く40基で、保温材を外さないまま配管の外観点検が行われていた。40基には東京電力福島第2原発の4基も含まれる。外気取り入れ口付近の目視点検や異音検査などが実施された例はあったが、配管の保温材を全て外した上での目視確認は行っていなかった。

 40基の内訳は
北海道電力 泊原発1~3号機、
東北電力 東通原発1号機、同女川原発1~3号機、
東京電力 福島第2原発1~4号機、同柏崎刈羽原発1~7号機、
中部電力 浜岡原発3~5号機、
北陸電力 志賀原発2号機、
関西電力 美浜原発3号機、同大飯原発1~4号機、同高浜原発1~4号機、
四国電力 伊方原発2、3号機、
九州電力 玄海原発2~4号機、同川内原発1、2号機、
日本原子力発電 東海第2原発、同敦賀原発2号機。(2017/01/14-19:19)


川口警察署 地域課 巡査が多数女性の個人情報を不正照会 - 埼玉 URL

2017/01/04 (Wed) 12:25:19
*.nuro.jp



埼玉県警 川口警察署 地域課 巡査が多数女性の個人情報を不正照会
http://blog.livedoor.jp/saitamalvdoor/archives/10897745.html

2013年03月~2014年09月 川口警察署 署長 警視正 手塚了
2012年09月~2014年03月 川口警察署 副署長 警視 愛敬進
2010年09月~2013年09月 川口警察署 地域課長 警部 中島健治
2013年03月~2014年09月 川口警察署 地域課 課長代理 警部 大橋敦 

2011年03月~2012年09月 西入間警察署 署長 警視 紙屋修三
2011年03月~2013年03月 西入間警察署 副署長 警視 原勝則
不明~2012年03月 西入間警察署 生活安全課長 警部 田端孝夫



10代女性に交際求めメール 川口署の巡査、不正照会の疑いで書類送検
2014年1月18日(土)埼玉新聞



  交番を訪れた女性の個人情報を県警のデータに不正照会し、携帯電話番号にメールを送り付けたとして、県警は17日、県個人情報保護条例違反の疑いで、川口署 地域課の男性巡査(29)をさいたま地検に書類送検した。

県警監察官室は同日、巡査を停職6カ月の懲戒処分に、監督責任として上司の同課課長代理の男性警部(45)を所属長注意とした。巡査は同日、依願退職した。

 書類送検容疑は、昨年6月5日、川口市内の交番で、遺失届の問い合わせに訪れた県南部の10代女性の個人情報を交番内の公用パソコンで免許証照会。携帯電話番号をメモし、同月7日、自身の携帯からショートメールを9回、女性の携帯に送信した疑い。

 同室によると、巡査は最初、「元気にしてますか」「高校以来ですね」と知人を装ってメールを出していたが、最後には「交番に来ましたよね」「警察官です」と身分を明かしていた。

女性がメールを受信した7日、武南署に届け出て発覚。巡査は「女性と友達になりたい欲求にかられた。多くの女性と交際したかった」と容疑を認めている。

 巡査は西入間署生活安全課に勤務していた2011年8月から川口署交番勤務の昨年6月までに、公用パソコンを使って県警のシステムに1100回不正照会を繰り返したほか、警察安全相談に訪れた20代の女性ら少なくとも17人の女性にメールを送っていた。

中には後日会った女性もおり、懲戒処分内容には、12年6月に西入間署に相談に訪れた女性と交際していた事実も含まれている。

 県警は事件を受けて昨年8月から、警察官が免許証データで携帯電話番号を照会するには、アクセス時の認証確認に加え、さらにもう一度認証確認を追加し、すぐに閲覧できないようにシステムを改善したという。

 石井正則 首席監察官は「個人情報の保護管理、職員に対する監督指導を徹底し、再発防止と信頼回復に努めていく」とコメントした。

http://blog.zaq.ne.jp/achikochitei/article/10081/



「多くの女性と交際したかった」 埼玉県警の男性巡査が複数女性の個人情報を不正照会しメール送信

社会 2014年01月21日 11時45分



なんとも、不届きな警察官がいたものである。

 埼玉県警生活環境2課などは1月17日、交番を訪れた女性の個人情報を、県警のデータに不正照会し、携帯電話にメールを送ったとして、県個人情報保護条例違反の疑いで、川口署地域課の男性巡査(29)をさいたま地検に書類送検した。

 県警監察官室は同日、巡査を停職6カ月の懲戒処分にし、同日付で、巡査は依願退職した。また、監督責任として、上司の同課課長代理の男性警部(45)を所属長注意とした。
 調べに対し、巡査は「女性と友達になりたい欲求にかられた。多くの女性と交際したかった」と容疑を認めている。

 同室によると、巡査は13年6月5日、勤務先の交番のパソコンを使い、落とし物の相談に来た県南部の10代女性の遺失届を、不正に閲覧して免許証照会し、携帯電話番号を調べて、自分の携帯電話からショートメールを9通送った疑い。

 当初は知人を装って、「久しぶり」「元気にしていますか」といった内容で、最後には「交番に来ましたよね」「警察官です」と身分を明かしていた。女性がメールを受信した同7日、武南署に届け出て発覚した。

 巡査は西入間署生活安全課に勤務していた11年8月から、川口署交番勤務の13年6月までに、公用パソコンを使って、県警のシステムに1100回不正照会を繰り返した上、警察に相談に訪れた20代の女性ら少なくとも17人にメールを送っていた。

 なかには、12年6月に西入間署に相談に訪れた女性と、メールがきっかけで交際していたこともあり、懲戒処分内容には、その事実も含まれている。

 石井正則首席監察官は「個人情報の保護管理、職員に対する監督指導を徹底し、再発防止と信頼回復に努めていく」とコメントしている。

 県警は、この事件を受けて、13年8月から、再発防止策として、警察官が免許証データで携帯電話番号を照会するには、アクセス時の認証確認に加え、さらにもう一度認証確認を追加し、すぐに閲覧できないようにシステムを改善したという。
(蔵元英二)

http://npn.co.jp/article/detail/73926994/

埼玉県警 不祥事
https://twitter.com/saitamatwitt

Re: 川口警察署 地域課 巡査が多数女性の個人情報を不正照会 - 埼玉 URL

2017/01/04 (Wed) 12:26:56
*.nuro.jp


2011年03月~2012年09月 西入間警察署 署長 警視 紙屋修三

日本がハワイ国王の世界歴訪を手配した - うさぎ777

2016/12/10 (Sat) 17:29:52
*.synapse.ne.jp

日本がハワイ国王の世界歴訪を手配した

http://park.geocities.jp/jpcdebate/0203/p037.html#page250

日米はハワイをめぐって緊張関係に当時あった。

( http://sky.geocities.jp/datepedia/02/update.html )

( http://park.geocities.jp/jpcdebate/0103/p033.html )

( 個人的意見 )

無題 - 衝撃の事実拡散

2016/11/30 (Wed) 20:29:45
*.au-net.ne.jp

衝撃事実拡散

最近異常気象が目立ちますけど、台風も地震も大雨も、米国の糞諜報、NSA(米国家安全保障局、スパイ)が、HAARP(電離層ヒーター、高周波活性オーロラ調査プログラム)で作り出したもんです。「HAARP、地震」 「HAARP、台風」等で、ネット検索してもらえば出ます

この世の病気、争い、自殺、殺人、墜落事故、交通事故、火災、ありとあらゆる災いを、秘密裏に作り出してる組織がNSAです

本題に入りますけど、公明党(創価)が、一般人や学会員を病気にしたり、事故に合わせたりする、危険な組織だって事が世間に知られてないので、拡散させてます

犯罪組織を特定して、拡散していく事で、この犯罪は減って行きますから、盲滅法にバラまいて、世間に浸透させてます

この犯罪の主犯各は、米国の諜報機関(スパイ) のNSAです

創価が、CIA (米中央情報局、スパイ)の下部組織ってのもあって、『NSA』っていうスパイが、創価の悪事に便乗して、創価になりすまし、創価を利用してやってる犯罪です

公明が与党になってから、精神科、心療内科急増、障害者手帳を持つ人急増、向精神薬の売り上げ急増。何十年にも渡って、人知れず多くの人に災いを与えて来た政党が、公明(なりすましのNSA )です

多くの人を病気にしてるのに、この犯罪が世間に漏れてない理由は、遠隔から私生活を監視盗聴して、生活に沿った病気や痛みを与えて来たからです。重い物を持ったら腕に痛みを与えたり、ツラい事があったら鬱にしたり等。相手に覚られず、任務を遂行するスパイ組織が主犯各なんで、私生活に便乗して、違和感を持たせずにやります

NSAは自国に害をもたらすテロリストや、凶悪犯を監視して撲滅させる諜報機関なので、地球上の全ての人を管理し、不届き者を秘密裏に懲らしめる事をします(こいつらが1番の不届き者ですけど)

【重要】青森県三沢基地には、 NSAの電波傍受(盗聴)施設がありますし、世界中に通信傍受施設を配備してるので、地球上のどの地点にいても、ケータイやPC等の通信機を介して盗聴します。通信機は、電源オフにしてても盗聴器になってます

この犯罪は、GPS (全地球測位システム)を使ってやるので、地球上のどの地点にいようと、どんな建物の中に入ろうと、継続的に、監視追跡出来ますし、どこに居てもピンポイントで、痛みやカユミや病気を作れます

そもそもGPSは、【米国防総省】が軍事目的で開発したもので、管理運営も【国防総省】がしてます。NSAは【国防総省】の管轄で、CIAが大統領の直轄です。台風や地震を作り出すHAARPも、【米国防総省】主導によるプロジェクトです。つまり、この地球規模犯罪を総括してる組織は【米国防総省】って事です

ノイズキャンペーン(騒音の嫌がらせ)に至っては、救急車のサイレンで嫌がらせする為に、重篤な患者を作り出しますし、パトカーが付きまといをする集団ストーカーは、警察に通報させないように、警官を操って、いかにも警察が嫌がらせしてるように、工作します。警官は、自分が操られてる事に気付いてません。これらは全国でやってますから、警察関係者は知らぬ間に、多くの人に恨みをかってるって事です。警察の内部事情は全て筒抜けで、パトロールに行く時間も全て把握してますから、それに便乗する形で警官を操り、定規で測ったかのような、神懸かった抜群のタイミングで集ストします

行く所行く所で周りの人が咳払いしたり、くしゃみをしたりする集団ストーカーは、被害者の周りの人に波動を当てて、咳払いやくしゃみをさせてるだけです。いかにも集団でストーカーしてると思わせて、心理的負担をかけてるだけです

咳をした時の周波数と同じ周波の波動当てると、人為的に咳を出させる事が出来ます。例えば、TBSラジオ90.5MHz、ニッポン放送93.0MHzに周波数を合わせると、これらのラジオを聴けます。これと同じように、食欲が湧かない時の周波数、眠れない時の周波数って具合に、それぞれの周波数と同じ周波を当てると、ラジオが切り替わるように、その状態に切り替わって、意識操作や精神疾患を作り出せます

生態の周波数コードを読み取って、脳波パルス信号に、同じ周波数を送ると、波動が共鳴して、その状態に切り替わります。例えば、人が右に曲がる時の周波数コードを読み取って、その周波数と同じ周波数を送ると、いとも簡単に右に行かせる事が出来ます。これを利用すれば、警官を操って、パトカーに集ストさせる事も、たわいないです。好き嫌いの感情、食欲等を操る事なんか、造作もないです

例えば、蛍光灯に虫が集まるのは、ある決まった周波数の紫外線に、吸い寄せられてるからです。逆にいうと虫ですら、周波数で操作が可能って事です。昆虫類は、それぞれが違った周波数の光に誘引される性質があるんで、どんな虫でも周波数を変えると、自在に操作が可能って事です

創価が仏敵によくヤる、家の中に害虫を呼び込んだり、カラスを屋根の上に集めて暴れさせたり鳴かせたり、犬を吠えさせる嫌がらせも、NSAが科学技術を用いてヤってます

ちなみに、27~38Hzで不眠に、48~55Hzで喘息に、88Hzで片頭痛が引き起こされます。それぞれの病気が、それぞれ決まった周波数を持ってます。これらの周波数と同じ周波を当てれば、どんな病気でも作り出せるって事です

特に、公明の支持母体、公明の栄養源である、創価の活動家には、頻繁に災難が降りかかるんですけど、信者は皆、魔(仏罰、現証、非科学的な原始的発想)にヤられてると思ってます。災難が続くと、信者は仏にすがって、学会活動や選挙活動に精を出すようになるので、定期的に科学技術で災いを与えます。モチベーションを上げさせる為の、起爆剤みたいなもんです

人間心理ってのは面白いもんで、自分の存在が明らかにされない場合、他人に対して冷酷なまでに大胆な振る舞いが出来ますけど、身元を特定されて犯罪手口が皆に知れ渡ると、大胆な事をすれば自分に被害が及ぶので、やりたい放題出来なくなり、犯罪の抑止効果に繋がります。なので、こいつらに火の粉を降りかけるべく、NSAの名を全面に出して広げてます

https://shinkamigo.wordpress.com

【 選挙違反冤罪事件 深谷市議選 】埼玉県警が有権者に「虚偽証言強要」 - 埼玉 URL

2016/11/30 (Wed) 20:10:43
*.nuro.jp














【 選挙違反冤罪事件 深谷市議選 】埼玉県警が有権者に「虚偽証言強要」
http://blog.livedoor.jp/saitamalvdoor/archives/9097739.html

【 埼玉県警 本部長 】
2010年08月~2012年06月 埼玉県警本部長 警視監 横山雅之
2012年06月 長官官房付 警視監に

【 捜査第二課課長 】
2010年08月~2012年03月 埼玉県警捜査2課長 警視 高橋俊章
2012年03月 岩手県警警務部長 任警視正に

【 捜査第二課主席調査官兼次席 】
2009年10月~捜査第二課主席調査官 警視 川上博和
~2011年9月 捜査第二課主席調査官兼次席 警視 川上博和

【 捜査第二課調査官 】
2011年3月~2011年9月 捜査第二課調査官 警視 木村育男
2011年9月~2012年3月 捜査第二課次席 警視 木村育男
2012年3月~2013年9月 捜査第二課主席調査官兼次席 警視 木村育男

2005年3月~2011年3月 捜査第二課課長補佐 警部 乳井英伸
2011年3月~2011年9月 捜査第二課調査官心得 乳井英伸
2011年9月~2013年3月 捜査第二課調査官 警視 乳井英伸

【 捜査第二課課長補佐 】

2009年3月~2012年9月 捜査第二課課長補佐 警部 田中敬
2009年10月~2016年3月 捜査第二課課長補佐 警部 小野澤正和
2010年3月~2012年3月 捜査第二課課長補佐 警部 大久保裕一
2010年9月~2013年3月 捜査第二課課長補佐 警部 渡邊勝利
2008年3月~2013年3月 捜査第二課課長補佐 警部 成田建一
2008年3月~2014年3月 捜査第二課課長補佐 警部 増渕健
2010年3月~2013年3月 捜査第二課課長補佐 警部 宮本治
宮本治は 2015年3月~2016年3月 捜査第二課調査官 警視に

【 2011年4月に 捜査第二課課長補佐 警部か? 】

2005年3月~ 捜査第二課付 警部 真野益夫
不明~2011年9月 捜査第二課課長補佐 警部 真野益夫
2011年9月 捜査第二課調査官心得 真野益夫
2011年10月~2014年3月 捜査第二課調査官 警視 真野益夫
2016年3月~捜査第二課主席調査官兼次席 警視 真野益夫

【 深谷警察署 】

2011年3月~2012年8月 深谷警察署 署長 警視 山本淳
2011年2月~2012年3月 深谷警察署 副署長 警視 茂木邦英


埼玉県警:虚偽証言強要の疑い…供応買収事件で19人に

統一地方選の埼玉県深谷市議選で二十数人を飲食接待したとして、市議の永田勝彦(67)と妻文恵(64)の両容疑者が公職選挙法違反(供応買収)容疑で埼玉県警に逮捕される事件があり、毎日新聞が接待を受けたとされる住民に聞いたところ、取材に応じた20人全員が「会費を支払った」と証言した。うち19人は「『会費は払っていない』という調書に署名させられた」と話し、中には、朝から晩まで連日聴取されたり、「払ったと言っているのはあなただけ」と言われたケースもあったという。県警が取り調べで虚偽の証言を強要していた疑いが浮上した。

 ◇深谷市議選・選挙違反
両容疑者の勾留期限は28日で、さいたま地検の処分が注目される。
県警発表によると、両容疑者の逮捕容疑は市議選告示前の2月中旬、深谷市内のレストランで、支持者二十数人に、票の取りまとめなどの選挙運動をする報酬として1人当たり数千円相当の飲食を提供したとしている。
県警は4月下旬から出席者を任意で事情聴取し、「会費はなく、全額を市議側が負担した」として今月8日に両容疑者を逮捕。実際に提供された酒食の代金は1人当たり約4900円とみられる。
出席者の相談を受けた白井正明弁護士らによると、会合には両容疑者のほか28人が参加し、事前の案内文には「会費3000円」と記されている。両容疑者も「会費を集めた」と容疑を否認している。
毎日新聞が28人を個別に取材したところ、20人(うち2人は家族)が応じた。20人全員が会合当日または事前に会費を払ったと県警に説明したが、うち19人は主張が受け入れられず、聴取の1~5日ほどで「払っていない」との調書に署名したという。残りの1人は「会費を払った」と主張し続けているが、聴取は延べ12日に及んだ。
「家計簿に会費の支出を書いていたのに、信じてもらえなかった」「子供を呼び出そうかと言われた」など、強引さを批判した。
白井弁護士は「捜査側の想定した事実に適合しないと聞く耳をもたず、強引かつ執拗(しつよう)な取り調べで事実に反する供述調書が作成された」と批判し、18日付で県警に抗議文を送った。抗議文では、鹿児島県議選を巡る選挙違反事件で12人全員の無罪が確定した志布志事件に触れ「志布志事件に匹敵する事犯。可視化(録音・録画)による取り調べのやり直しを求める」としている。
県警幹部は「休憩をとるなど適正な取り調べを心がける中、時間がかかった面はあった。住民がそう言って(否認して)いるから捜査はおしまい、というわけにはいかない」と話す。別の幹部は「着手(永田市議の逮捕)前に住民から話を聞き、ほぼ全員が『会費はなかった』と認めた」と話した。
永田容疑者は4月24日に投開票された同市議選に無所属で出馬し当選。3期目。

 ◇供応買収◇
投票や選挙運動の報酬として有権者に飲食などを提供する行為。公職選挙法は、3年以下の懲役・禁錮か50万円以下の罰金を科すと定め、接待を受けた側も対象になる。金額に関する規定はない。過去には、一部の会費を支払った場合でも実際の飲食費との差額分が罪に問われたケースもある。
2011年5月26日 2時37分(最終更新 5月26日 7時34分)毎日新聞
http://mainichi.jp/select/jiken/news/20110526k0000m040152000c.html

-------------------------
深谷警察署 電話番号 深谷警察署 電話 運転免許証 深谷警察署 深谷警察署 交通事故 埼玉県 深谷警察署 深谷警察署 車庫証明 深谷警察署長 埼玉県警 深谷警察署
深谷警察署 免許更新 深谷市役所 深谷市 強盗 深谷警察署 免許更新 時間 深谷警察署 電話番号 深谷警察署 車庫証明 深谷警察署 交通課 深谷警察署 落とし物 深谷警察署少年剣道教室 深谷警察署 時間

Re: 【 選挙違反冤罪事件 深谷市議選 】埼玉県警が有権者に「虚偽証言強要」 - 埼玉 URL

2016/11/30 (Wed) 20:15:23
*.nuro.jp


【 深谷警察署 】

2011年3月~2012年8月 深谷警察署 署長 警視 山本淳

Re: 【 選挙違反冤罪事件 深谷市議選 】埼玉県警が有権者に「虚偽証言強要」 - 埼玉 URL

2016/11/30 (Wed) 20:12:51
*.nuro.jp


【 捜査第二課主席調査官兼次席 】
2009年10月~捜査第二課主席調査官 警視 川上博和
~2011年9月 捜査第二課主席調査官兼次席 警視 川上博和

【 取り調べ中に容疑者が突然死 】埼玉県警 加須警察署 - 埼玉 URL

2016/11/18 (Fri) 20:40:44
*.nuro.jp


加須警察署 署長 藤井孝雄
副署長 飯島清

http://blog.livedoor.jp/saitamalvdoor/archives/9305078.html

取り調べ中に逮捕の男が死亡 埼玉、死因調べる 2013/2/10付

 埼玉県警加須署は10日、建造物侵入容疑で現行犯逮捕した加須市の男(57)が取り調べ中に死亡したと発表した。目立った外傷はなく、司法解剖して死因を調べる。
 加須署によると、10日午前3時45分ごろ、加須市の自動車解体場に無断で入ったとして逮捕。署内で取り調べを始めた直後の4時45分ごろ「おなかが痛い」と床に倒れ、搬送先の病院で5時35分に死亡した。
 飯島清副署長は「取り調べに問題はなかった」としている。〔共同〕

http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG1001Q_Q3A210C1CC1000/


奈良・医師死亡 「勾留中に暴行死」告発 鑑定書調べた法医 2016年11月15日 夕刊

 二〇一〇年二月、奈良県警に業務上過失致死容疑で逮捕され、桜井署で勾留中だった男性医師=当時(54)=が死亡したのは取り調べ時の警官による暴行が原因として、遺族の依頼を受け、遺体の鑑定書を調べた岩手医大の出羽厚二教授(法医学)が十五日、県警に特別公務員暴行陵虐致死容疑の告発状を提出した。容疑者は特定していない。
 出羽教授は提出後、遺族の女性(52)らと奈良市内で記者会見し「遺体の右下肢に皮下出血があったのに、留置管理や取り調べに問題がなかったとなぜ結論付けたのか」と疑問を呈した。女性は「県警の対応に憤りを感じた」と話した。
 告発状によると、医師は一〇年二月十四~二十四日ごろ、取り調べで頭部や胸部、上下肢を殴打され、急性腎不全などの多臓器不全で死亡。下肢に広範囲の皮下出血があり、打撲によって生じたとしている。
 当時の司法解剖では、医師の死因は急性心筋梗塞と判断された。県警は「暴行があったとは把握していない。留置管理の問題もなかった」として、告発状を受理するか検討している。
 医師は〇六年六月、奈良県大和郡山市の医療法人雄山会「山本病院」(廃院)で元理事長らと肝臓腫瘍の摘出手術をし、肝静脈を傷つけて男性患者を死亡させたとして、一〇年二月六日に逮捕され、同二十五日に死亡した。
 遺族は勾留中に適切な措置を取らなかったとして県に約九千七百万円の損害賠償を求め係争中。県側は「皮下出血は留置場で座る時に床に打ったのが原因で、暴行はなかった」と主張している。



http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201611/CK2016111502000258.html

埼玉県警 不祥事
https://twitter.com/saitamatwitt

------------------------------------------------
加須警察署 電話番号 加須警察署 免許更新 加須警察署 長利 加須警察署 車庫証明 加須警察署長 埼玉県 加須警察署 加須警察署 免許更新 加須警察署 車庫証明 加須警察署 電話番号 加須警察署 交通安全キャンペーン 加須警察署 落とし物 加須警察署 時間 加須警察署 免許 住所変更 加須市 警察署 加須警察 車庫証明 加須署

【 高齢者から現金を窃盗 】埼玉県警 東松山署 巡査 石川琢磨が民家で5万円窃盗容疑 - 埼玉 URL

2016/10/11 (Tue) 05:35:29
*.geragera.co.jp

【 高齢者から現金を窃盗 】埼玉県警 東松山署 地域課 巡査 石川琢磨が出動先の民家で5万円窃盗容疑
http://blog.livedoor.jp/saitmlvedoor/

【 責任者・上司 】
東松山警察署
署長 警視 鈴木久生
副署長 警視 三井田哲也
地域課長 警部 持田紀夫

[ 埼玉県警巡査長が窃盗容疑 通報女性宅から5万円 2016年10月4日 09時34分 ]

 通報で駆け付けた女性宅から現金5万円を盗んだとして、埼玉県警は4日、窃盗容疑で県警東松山署地域課の巡査長石川琢磨容疑者(30)=同県川越市=を逮捕した。

 逮捕容疑は3日午後4時40~50分ごろ、埼玉県吉見町の無職女性(78)宅から現金5万円を盗んだ疑い。「間違いありません」と容疑を認めている。

 県警によると、石川容疑者は同署吉見交番に勤務。3日午後4時すぎ、女性から「玄関の鍵が抜けなくなった」と通報があり、石川容疑者が1人で現場に向かった。

 鍵が直り、2人で室内の被害の有無を調べた後、台所に置いてあった現金入りの封筒がなくなっていることに女性が気付いた。

(共同)

http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2016100401001242.html


[ 窃盗容疑で巡査長を逮捕 通報で急行した女性宅、現金なくなる/県警 2016年10月4日(火) 埼玉新聞 ]


 通報で駆け付けた女性宅から現金5万円を盗んだとして、県警捜査3課は4日、窃盗の疑いで、東松山署地域課巡査長の男(30)=川越市小仙波町2丁目=を逮捕した。

 逮捕容疑は、3日午後4時40分ごろから同50分ごろまでの間、吉見町の無職女性(78)方1階台所の小物入れに保管されていた現金5万円入りの封筒を盗んだ疑い。
「間違いありません」と容疑を認めているという。

 同課によると、3日午後4時5分ごろ、1人暮らしの女性から「玄関の鍵を差し込んだら、抜けなくなった」と同署に通報があった。交番勤務の男が1人で現場に急行。
女性からの要請を受け、室内が物色されていないか確認中、隙を見て現金を盗んだという。

 現金がなくなっていることに気付いた女性が盗難被害を訴え、疑われた男が同署に連絡。男の上司が事情を聴いたところ、容疑を認めた。
現金は男が乗ってきたバイクの座席から見つかった。

 男は今年3月、同署吉見交番に配属された。
県警は今後、女性に謝罪する方針で、佐伯保忠首席監察官は「警察官としてあるまじき行為で、職員が逮捕されたことは大変遺憾。
捜査結果を踏まえ、厳正に対処する」とコメントした。

http://www.saitama-np.co.jp/news/2016/10/05/01.html



[ 容疑で警官逮捕 相談受けた民家から5万円 埼玉 毎日新聞2016年10月4日 11時43分(最終更新 10月4日 11時43分) ]
 職務中に訪れた民家で現金を盗んだとして埼玉県警捜査3課は4日、県警東松山署地域課巡査長、石川琢磨容疑者(30)=同県川越市小仙波町2=を窃盗容疑で逮捕した。

 逮捕容疑は3日午後4時40分〜50分ごろ、同県吉見町の無職女性(78)宅で、1階台所の収納ケース内にあった封筒入りの現金5万円を盗んだとしている。
石川容疑者は「間違いありません」と容疑を認めているという。
 捜査3課によると女性は同日、「玄関の鍵を差し込んだら抜けなくなった」と同署に電話で相談し、石川容疑者が1人で女性宅を訪問していた。
その間に収納ケース内の封筒がなくなっていることに気付いて、女性が石川容疑者を詰問。
石川容疑者が同署に「(女性から)疑われている」と連絡し、駆け付けた同署幹部が探したところ、石川容疑者が乗ってきたバイクのシートの下から見つかった。

 佐伯保忠・県警首席監察官は「警察官としてあるまじき行為で、職員が逮捕されたことは大変
遺憾。捜査結果を踏まえ、厳正に対処する」とコメントした。【遠藤大志、鈴木拓也】

http://mainichi.jp/articles/20161004/k00/00e/040/153000c


埼玉県警 不祥事
https://twitter.com/saitamatwitt

経産省前テントひろばテント日誌 - 9条改憲阻止の会

2015/03/08 (Sun) 18:51:27
*.home.ne.jp

テント日誌3月4日(水)
経産省前テントひろば1231日商業用原発停止535日

権力の不当な判決は許さない
心配した雨もあがってさわやかな朝。           

テントに着くと先日右翼に壊された玄関にアコーディングドアを取り付ける作業中。
11時からの記者会見に間に合うようにと一生懸命でした。
テーブルの用意など始めるといつもより多く居た周りの人たちが手伝ってくれ助かった。まだ準備も整わないうちNHKの人が現れて今日メインで話す人はどなたですか?など聞かれびっり!判決の出た後だからかメディアの参加が多かった。

会見に臨んだのは大口弁護士、渕上さん、正清さんそして事務局の高瀬さん。
大口弁護士が現状について報告、控訴の手続きをしたことそして今日テント撤去執行停止の申し立てすることなどが話された。
渕上さんは急遽作った声明文2を読み上げる。
正清さんが原発は世界の問題であることテントの担ってきたことなどを話し、高瀬さんも不当な判決である、被告2人に賠償金を支払わせるわけには行かない。団結して闘うことを強調した

会見が終わってからも数社の方が残って渕上さんなどに質問していました。
明日の新聞にどうでるか?

以下にそのときの様子がおさめられています。


http://twitcasting.tv/showering00/movie/147567752

声 明 2

1.2月26日、東 京地裁民事37部の村上裁判長は経産省前テントをめぐる第1審の判決を下しました。
内容はテントが立つ土地の明け渡しと損害賠償金の支払いを命じ、更にこれらについて判決確定前の仮執行を可能とするものでした。
この判決は、原告¬¬=国・経産省の請求を容認するもので、私たち(被告)が原告の権利濫用、原告の損害程度、独立訴訟参加の可否等、8つの争点について、ことごとく、原告の主張内容をそのまま全面的に認めるもので した。しかも、突然の結審により私たちの本案準備書面の提出の機会を奪うなど、私たちに主張・立証の機会を与えないままに下された、明らかに不当な判決であって、私たちはこの判決を断じて受け入れることはできません。

2.私たちは、上記のような仮執行宣言付きの判決を受けて、次のように 闘うものです。

1)この判決を断じて 受け入れることは出来ないので、東京高等裁判所に控訴します。同時に仮執行宣言についても、執行停止の申立を行います。

2)私たちはこの度の判決によって新たな局面に立つに至りました。私たちは国によるテント撤去を拒否します。福島の人々を始めとする全国の人々の切実な願いを踏みにじるテント撤去という国の暴挙が、いつなされるか予測することは私たちにはできません。けれどもこの3年半の間、全員が立脚してきた非暴力・不服従の原理と決意を新たにし、強制撤去の攻撃に対しては、したたかに、かつ柔軟に対応していきたいと考えています。

3)3年半に及ぶ「経 産省前テントひろば」の闘いは、何人もこれを無きものにすることはできません。そしてテントとしての闘いの現場は、私たち自身が選択します。私たちの強固な意志と、「テントの精神」を活かしながら、闘いは継続されます。例えいっとき、テントが見えなくなっても、「経産省前 テントひろば」は、新たに、適切な場所に適切に再建されるであろうことをお約束したいと思います。

4)損害賠償金への対応を含めて脱原発運動全体の力強い前進のために、「1億円寄金活動(仮称)」を大胆に提唱・推進します。こうして集められた寄金は引き続く「テントと命を守る裁判」にも活用されますが、全国各地の脱原発運動にも活用されるものです。

  2015年3月 4日
                 経産省前テントひろば

ベンジャミン・フルフォードさんへ - スーパークララ

2016/10/08 (Sat) 12:58:31
*.ucom.ne.jp

ベンジャミン・フルフォードさんへ

まあー、「大麻推進」で何十人もの人が犠牲に、神奈川県で起きましたねー。あと、山口組の「国家非常事態対策委員会」ジジイよ
あまりにも酷いんじゃありませんか?てめーらが推進したお陰(麻薬の売買も含めて)で、何の罪もない無抵抗な人々が殺されましたねー。
黙って見ていりゃーこの様だ。稲川組サンよー山口組サンよー、そっか、おまえら在日朝鮮人だからなー全員!?
あとベンジャミン・フルフォードさんは、外国人だからなー日本人じゃないからなーだから、日本人を騙して、日本人が殺されても平気だよなー。
なにが大麻が薬だーおい!!くだらねーこと言ってんじゃねえよ!!終いには、無垢な子供たちまで、悪の薬で殺そうとするのかよ!!
お前ら全員出てけ!!この日本から、それとも排除した方がいいか!!てめーらのやり方の方法で!!今の日本なんか、法律もてめーらの都合の
良い様に捻じ曲げているよなー。元都知事の桝添から高畑裕也君まで、あんだけのことをして無罪かーすごいね!!この日本は・・・
日本で真面目に生きて一生懸命に働いている一般の人達は、全てが馬鹿らしく思ってくるよねー。一般の殺人やら事件は、有罪になって
刑務所に入っているのに・・・ちゃんと刑が下されているのに・・・それとは別だけどかなり、日本の税金も絞り取られていますよねー。
おまえらは、パナマ文書みたいなもので、税を逃れているしな!!本当に本当に酷い現状ですね!!
話は元に戻りますが、NHKでも相模の麻薬の一件は重視しなくて、頭がおかしいとしか言及せず、麻薬をやったから頭がおかしくなったんだろ!!このタコ!!
そして、入手ルートは判らずじまい。笑っちゃうね!!
ベンジャミン・フルフォードさんよ!!ジジイよ!!てめーらは知ってて、そういうことを言っているからなー。大麻がどんだけ恐ろしいものか・・・
うまい様にメディアを使って情報操作してるんじゃねー!!最近、TV(フジテレビやTBSでかなり、UFOの作ったものと本物を混ぜて面白おかしく
あとインターネットのyoutubeのプエルトリコのUFOのやつ前一番上に載ってたもの一々チェックしていないからわかんないが、TVで放送していないだろう。
色んな意味で、情報操作しているよなー!!フジテレビやTBSもアメリカ政府の犯罪の共犯になるからな!!確実に!!
もともと創価学会と山口組とCIAが仕切っているもんな)↑言論統制とは言わせないし、隠れ蓑に使わせないからな!!
それと北朝鮮があんだけミサイルを打っているのに、今はしゅんと小さくなっていますねー。在特会も経済産業省テント広場の桜田も(上田をだせ!!
ウドのノッポを)・・・ニュースでも取り上げないよな!!おまえらみたいな自称日本人と名乗っている在朝鮮人の皆さん!!
ヘイストスピーチはどうなりましたか!?日本政府さん!!共謀罪はどうなりますか!?日本政府さん!!あなた方の犯罪は・・・

PS:この書き込みのあとに、地震やテロがあったならば、アメリカ政府と日本政府及び山口組と稲川組が、ハープ兵器やテロ組織、工作員を使って
  大量虐殺をした物的証拠になります。

【 高齢者から現金を窃盗 】埼玉県警 東松山署 地域課 巡査 石川琢磨が民家で5万円窃盗容疑 - 埼玉

2016/10/05 (Wed) 20:12:53
*.geragera.co.jp


【 高齢者から現金を窃盗 】埼玉県警東松山署 地域課 巡査 石川琢磨が出動先の民家で5万円窃盗容疑

何期生だろうか?18歳で入校なら、校長は小河進 副校長は岩淵敏雄か。

【 埼玉県警察学校 校長 副校長が業務上横領 】
小河進 は 埼玉県警察学校 校長 (警視正)でありながら業務上横領。
埼玉県警察学校長→ 交通部長 →勇退(退職金全額もらい退職)。
その後、一般財団法人 埼玉県警察福祉協会 理事に。 処分を受けずに天下り?
http://saitamajugm.jugem.jp/


交番勤務の巡査長 窃盗容疑で逮捕 テレ玉 10月4日(火)18時34分配信

3日夕方、吉見町の交番に勤務する巡査長の男が、女性からの通報を受け、立ち合った住宅で現金を奪ったとして、4日窃盗の疑いで逮捕されました。

逮捕されたのは、吉見町の交番に勤務する東松山警察署・地域課の巡査長、石川琢磨容疑者(30)です。警察の調べによりますと石川容疑者は、3日夕方、通報を受けて駆けつけた吉見町に住む78歳の女性の自宅から現金5万円を奪ったとして窃盗の疑いが持たれています。石川容疑者は「玄関の鍵が抜けなくなった」という女性からの通報を受け、1人でこの住宅に駆けつけ、家の中が荒らされていないかなどを確認し、その後、女性が現金の入った封筒がなくなっていることに気付いたということです。連絡を受けた上司が、石川容疑者が乗って来たバイクのシートの下から封筒を発見し、石川容疑者を問いただしたところ、その場で容疑を認めました。犯行の動機などは分かっていませんが、県警監察官室の佐伯保忠・首席監察官は「捜査結果を踏まえ、厳正に対処する」とコメントしています。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161004-00010000-teletamav-soci



出動先の民家で5万円窃盗容疑 埼玉県警巡査を逮捕

2016年10月4日09時18分


 職務で駆けつけた民家で現金5万円を盗んだとして、埼玉県警は4日、東松山署地域課の巡査、石川琢磨容疑者(30)=埼玉県川越市小仙波町2丁目=を窃盗の疑いで逮捕し、発表した。「間違いありません」と容疑を認めているという。

 発表によると、石川容疑者は3日午後4時40~50分ごろ、同県吉見町の無職女性(78)宅で現金5万円入りの封筒を盗んだ疑いがある。

 女性から署に「玄関の鍵が鍵穴から抜けなくなった」と電話で相談があり、石川容疑者が勤務先の吉見交番から一人で女性宅に駆けつけた。鍵が開いた後、女性は1階台所の小物入れに5万円入りの封筒があるのを一度は確かめたが、その後なくなったことに気付き、一緒に室内を確認していた石川容疑者を問いただした。石川容疑者の連絡を受けて駆けつけた上司が、石川容疑者のバイクの収納スペースから現金を見つけたという。

 県警の佐伯保忠・首席監察官は「警察官としてあるまじき行為で、大変遺憾。捜査結果を踏まえ、厳正に対処します」とのコメントを出した。


http://www.asahi.com/articles/ASJB42Q6VJB4UTNB003.html


埼玉県警 不祥事
https://twitter.com/saitamatwitt

<埼玉県警 機動隊員水死>水中に沈めた巡査に有罪 地裁「過失の程度重い」 埼玉新聞 - 埼玉 URL

2016/09/11 (Sun) 21:55:15
*.nuro.jp






【 責任者・上司 】
機動隊長 警視 杉崎賢一 2011年3月~2012年9月
機動隊主席指導官 兼 副隊長 警視 西田雅裕 2011年3月~2013年9月
機動隊 副隊長 警部 齋藤俊 2009年10月~2013年3月

機動隊長補佐 警部 新井常夫 2009年3月~2012年9月
機動隊長補佐 警部 堀井真一 2011年9月~2014年9月
機動隊長補佐 警部 小此木晃 2011年9月~2014年3月
機動隊長補佐 警部 松宮誠一 2012年3月~2015年3月
機動隊長補佐 警部 小又修 2012年3月~2013年3月
機動隊長補佐 警部 中屋誠 2012年3月~2016年3月
機動隊長補佐 一般職員 山口澄男 2012年3月~2015年3月



【 リンチ殺人 】埼玉県警 機動隊の“殺人訓練”― 隊員を何度もプールに沈め溺死に
訓練指揮官 I巡査部長は、事前に「佐々木をやりますよ」と不穏当な発言



週刊金曜日 2015年8月6日10:32AM 



水深3メートルのプールの底まで繰り返し力ずくで沈め、動かなくなると引き上げて放置する。

殺人、または拷問死というほかない残虐な事件が埼玉県警で起きた。


埼玉県警機動隊「水難救助隊」の新人隊員・佐々木俊一巡査(享年26)は、2012年6月29日、朝霞市の機動隊のプールで潜水「訓練」中、溺死した。

遺族の調査で浮かんできたのは、「訓練」に名を借りたリンチだった。



俊一さんは機動隊員の暴行によって死亡したとして、母・千春さんら遺族が、今年6月28日、埼玉県や救難救助隊の巡査、巡査部長、警部補ら4人を相手取り、総額約1億9000万円の損害賠償を求める国家賠償請求訴訟をさいたま地方裁判所に起こした。


「真相を知りたい。被告の警察官たちには正直な話をしてほしい」


翌29日、命日に開いた記者会見で遺族は涙ながらに語った。


遺族や弁護団(野本夏生弁護団長)によれば、主に警察から聞き取った事実をもとに判明した経緯は次のとおりである。



12年6月29日午後4時ごろ、基礎訓練に続き、「完装泳法」の訓練に移った。
空気ボンベ、シュノーケル、足ヒレなど重量38キロの装備を身につけたまま、ボンベの空気を使わずシュノーケル呼吸のみで、潜ったり立ち泳ぎをする訓練だ。



俊一さんは変形性膝関節症で足が痛かった。訓練開始からまもなく、プールの浅い部分(水深1・2メートル)に移って足をつき、訓練中止を申し出た。痛みのせいで立ち泳ぎが続けられない。



だが、指揮官のI巡査部長は訓練続行を命じた。俊一さんはやむなく泳ぎ続けた。しかし、やはり痛い。とうとうプール内壁に取り付けられたはしごをつかんだ。そして中止させてほしいと訴えた。



するとプールサイドにいたN巡査部長が、俊一さんの顔を足で何度も踏み「佐々木、つかむんじゃねえよ」と怒鳴った。

そして、「無理です」と繰り返す俊一さんを力ずくではしごから引きはがした。俊一さんはパニック状態に陥った。


続いて、水に入っていた指導員のW巡査が俊一さんをプールの深い部分に連れていき、背後から両肩に手を置き、体重をかけて水深3メートルの底まで沈めた。5、6秒かけて浮いてくるとまた同じ要領で沈めた。I巡査部長の指示だった。



俊一さんは水中メガネとシュノーケルを顔に着けたままはずすことは許されなかった。シュノーケルの管内や水中メガネの中に水が入り、呼吸ができなかったとみられる。


4回ほど沈められた結果、俊一さんは水中で動かなくなった。すると、そのまま10秒ほど放置され、ようやくプールサイドに引き上げられた。呼吸や心拍の確認はしなかった。人工呼吸もしていない。そればかりか「死んだふりか」などと言って往復びんたをした隊員もいた――。


119番通報は引き上げから8分後。俊一さんは病院に運ばれたが死亡が確認された。司法解剖の結果、死因は溺死。両肺に大量の水が入ったままだった。


【私的制裁の疑い】


埼玉県警によれば、繰り返し沈めた行為は、ボンベの空気が吸えなくなった場合の対処法を学ぶ訓練だったという。

しかしI巡査部長は、事前に「佐々木をやりますよ」と不穏当な発言をしており、私的な制裁だった疑いは濃厚だ。


現在、W巡査が業務上過失致死罪で起訴されている。


もともと俊一さんは東入間署の地域課に所属し、交番勤務を主な仕事としていた。運動は苦手。水に潜って遊んだ経験もない。
機動隊への異動を告げられたのは12年3月。自ら希望したわけではなく、とまどっていた。遺族によれば、訓練は辛そうだった。膝も機動隊に入ってから負傷した。

事件直前には「死ぬかもしれない」と漏らしていた。意識を失ったこともあった。そして、辞めたい旨上司に相談していたという。

辞意を伝えたことに対する見せしめ的な報復の可能性はある。


(三宅勝久・ジャーナリスト、7月24日号)


http://www.kinyobi.co.jp/kinyobinews/?p=5384

<機動隊員水死>水中に沈めた巡査に有罪 地裁「過失の程度重い」 2016年9月8日(木) 埼玉新聞


 県警機動隊のプール(朝霞市)で2012年6月、水難救助部隊の佐々木俊一巡査=当時(26)=が訓練中に水死した事故で、業務上過失致死の罪に問われた、当時指導員だった県警巡査渡辺哲範被告(33)の判決公判が7日、さいたま地裁で開かれ、栗原正史裁判長は「過失の程度は重い」と渡辺被告の過失を認定し、禁錮1年6月、執行猶予3年(求刑・禁錮1年6月)を言い渡した。渡辺被告側は控訴しない方針。


 判決で栗原裁判長は、息継ぎの余裕を与えず複数回にわたって水中に沈めた行為を「生命身体に重大な危険を及ぼすもので、相手の体力や技量を十分配慮すべきことは明らか。過失の程度は重い」と述べた。

 これまでの公判で、検察側は「危険性の高い行為を自ら実行し、責任は免れられない」と指摘。「他の指導員らに責任の一端があるとの主張は本末転倒」と述べていた。


 弁護側は訓練員を水中に沈める行為を「訓練の一環で禁止されていなかった」と強調。「佐々木巡査のパニック状態を見落とし、被告人の行為を容認した他の指導員にも落ち度があり、被告人に全責任を負わせるのは相当ではない」と主張し、救命措置が遅れた責任は水難救助部隊全体にあるとしていた。


 判決では、渡辺被告が指導員として直接、佐々木巡査を沈めた点に触れ、「被告人自身が生命身体の安全に細心の注意を払うべきだった」「被告人が直ちに適切な救命措置を講ずるべきだった」と弁護側の主張を退けた。一方、渡辺被告が警察官の失職も含め、相応の社会的制裁を受けることが見込まれる点を考慮し、執行猶予付き判決とした。

 渡辺被告は初公判で無罪を主張していたが、その後の公判で一転、「佐々木巡査のパニック状態を見落とした」などと起訴内容を認めていた。

 判決によると、渡辺被告は12年6月29日、水に溺れるなどの事故を未然に防止すべき業務上の注意義務を怠り、訓練していた佐々木巡査を水深3メートルのプール中央に移動させ、体をつかんで繰り返し沈めて溺れさせ、低酸素脳症などにより死亡させた。

 県警によると、有罪判決が確定すれば、現在休職中の渡辺被告は地方公務員法に基づき失職する。


http://www.saitama-np.co.jp/news/2016/09/08/05.html


【埼玉】 県警訓練中に水死 被告の巡査は無罪主張 遺族「殺された」 2016年6月2日 東京新聞


朝霞市内の県警機動隊施設内のプールで二〇一二年六月、訓練中の佐々木俊一巡査=当時(26)=が訓練中に水死した事故で、安全管理を怠ったとして業務上過失致死罪に問われた当時の指導員だった県警巡査渡辺哲範(あきのり)被告(32)=休職中=の初公判が一日、さいたま地裁(栗原正史裁判長)であった。渡辺被告は「おぼれさせる意図はなかった」と無罪を主張した。


 公判は、実際の水難救助で浮上できない場合を想定した訓練の一環として、渡辺被告が繰り返し水中に佐々木さんを沈めた行為の是非が焦点となっている。

 冒頭陳述で検察側は、「息継ぎする余裕を与えなければ、おぼれて死亡する恐れがあることは容易に予見できた」と指摘。弁護側は「(佐々木さんを)沈めた後も浮上するのを待っており、すぐに体を引き上げられるようにしていた。おぼれることは予見できなかった」と反論した。

 起訴状によると、一二年六月二十九日、空気ボンベなど三十八キロの装備を身に着けプール内を泳ぐ訓練をしていた際に、水深約三メートルの場所で、佐々木さんの体力や技術を考慮せず、水中に何度も沈めておぼれさせ、死亡させたとされる。


 公判を傍聴していた佐々木さんの母千春さん(58)は「殺されたと思っている。無念です」と遺影を持ち、目に涙を浮かべた。

 同事件をめぐって県警は、上司ら六人を業務上過失致死容疑で書類送検したが、さいたま地検は一四年九月、渡辺被告以外の五人を不起訴(嫌疑不十分)とした。千春さんら遺族は昨年六月、渡辺被告ら四人と県を相手取って損害賠償請求訴訟をさいたま地裁に起こしている。 (井上真典)


http://www.tokyo-np.co.jp/article/saitama/list/201606/CK2016060202000194.html


Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.